変更登記代行センター

変更登記代行センター フォーム
  • 電話番号
  • 日本全国対応

解散

 

解散登記手続サービス費用のご案内

解散・清算結了登記代理報酬 金70,000円(税抜)〜
登録免許税(法務局に納付する税金) 金41,000円
郵送料(レターパック) 金3,060円
合計 約114,060円〜
※別途官報公告費用3~4万円が必要となります

解散登記手続のお手続きと必要書類の例

お手続き

  • 株主総会開催(株主総会議事録作成)
  • 解散決議
  • 清算人選任決議
  • 決算報告決議
  • 債権者保護手続き(官報公告)

必要書類

  • 株主総会議事録
  • 株主リスト
  • 清算人様の就任承諾書
  • 登記申請用委任状
  • 印鑑届出書

ご準備いただく書類

  • 現在の定款のコピー
  • 株主名簿又は決算書別表2
  • 代表清算人様の個人印鑑証明書(3ケ月以内)
  • 旧代表取締役様と代表清算人様の運転免許証等身分証明書のコピー

解散登記の注意点

Point1.解散決議では会社は消滅しない

解散することで、清算会社となりますが、会社は存続しています。 解散後、清算結了登記をすることで会社は消滅致します。これにより会社登記簿は閉鎖されます。 ただし、会社解散後、2ヶ月間は清算結了登記ができません。

Point2.取締役・代表取締役は退任し、清算人にバトンタッチ

解散することで取締役・代表取締役は当然に退任します。そのかわり清算人が就任して 清算事務をおこなうのです。 解散登記と同時に、清算人就任の登記もおこないます。また、会社を代表する代表清算人として 印鑑の届け出も必要です。

Point3.官報公告が必要

解散の後に、官報公告と債権者に対する個別通知が必要です。この期間は2か月を下ることはできません。 ですので、その間の清算結了登記申請はできません。

Point4.債務超過では清算結了できません

解散することで、清算会社となりますが、会社は存続しています。 解散後、清算結了登記をすることで会社は消滅致します。これにより会社登記簿は閉鎖されます。 ただし、会社解散後、2ヶ月間は清算結了登記ができません。 解散することで取締役・代表取締役は当然に退任します。そのかわり清算人が就任して清算事務をおこなうのです。 解散登記と同時に、清算人就任の登記もおこないます。また、会社を代表する代表清算人として印鑑の届け出も必要です。 解散の後に、官報公告と債権者に対する個別通知が必要です。この期間は2か月を下ることはできません。 ですので、その間の清算結了登記申請はできません。 清算結了登記をする場合、債務超過の状態では清算結了はできません。 裁判所の関与する特別清算手続きか、又は、債務免除・債権放棄など何らかの方法で債務超過でない状態にする必要があります。

お手続きの流れ

1 貴社無料お見積・無料相談貴社

まずは無料お見積もりと事前無料電話相談でご検討ください(お見積は原則当日ご返答します)

2 お申し込み貴社

お申込はとても簡単です。お電話・お申込みフォーム・FAXいずれからでもお申込いただけます。

3 お打合せ貴社弊所

全国対応なので、電話・FAX・Eメールで打ち合わせが完結します。(お申し込み後直ちに打ち合わせをさせて戴きます)

4 書類送付弊所

必要書類を作成し、レターパックで貴社に郵送いたします

5 書類返送貴社

到着書類に押印戴き、同封の返信用封筒で当事務所にご送付ください

6 費用ご入金貴社

同封の請求書記載の費用をご入金ください

7 書類到着・登記申請弊所

到着書類を確認後、直ちにオンライン登記申請をいたします ※登記申請から登記完了まで約2~7営業日です。管轄法務局・申請時期により異なりますので、無料お見積もり・お申込 みの際に予定日程表にてお知らせいたします。 合同会社設立はこちらをクリック
Top